【93】追憶・・・・有線七宝

【作者】吉澤 和子

【所属団体】東松山美術協会

 


 

【作品解説】

17年前一人暮らしの母が亡くなり、実家を処分した際に、我が家に移植した(牡丹)。年々幹も細くなり、花数も少なくなってきました。母がとても愛でていた花なので、思い出を残したくて、作品を作りました。

 

【作者紹介】

高齢になると、気力、体力が衰えてきていますが、”生きがい”としての作品製作をマイペースで、続けていきたいと思っています。