荒井美乃里 プロフィール

埼玉県東松山市生まれ。武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科ガラス専攻卒業後、同研究室教務補助員として勤務。現在は東京都墨田区にある硝子企画舎のシェアアトリエにてキルンワークによる作品制作を行う。

主に石膏型に粉状のガラスを詰めて鋳造した色とりどりの立体作品や、

板ガラスを焼成する平面作品を制作。これらは電気炉を用いることからキルン(電気炉)ワーク と呼ばれる。東京を中心に作品展を実施するなど精力的に活動。